ホームTag
屋根リフォーム
費用概算
あなたの家の
工事価格
ガルバニュウム
鋼鈑の相場
 
見積チェック
ポイント
施工事例集
1, 2, 3, 4, 5
 屋根の構造、
施工方法
 屋根の材料
について
計画で大切なこと
工事でやって
はいけないこと
瓦は
地震に弱い??
悪徳業者
の手口
屋根と外壁の
色合わせ
会社概要
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


  悪徳業者を追放する為に!

悪い業者の手口・事例集
  悪徳業者、法外な値段で施工する業者は、後をたちません新聞雑誌にのらなくなると、もうそのような業者は、居なくなったと思われやすいのですが、どっこい彼らはしぶとく、巧妙に生きていました。 このサイトでは、これらの悪徳業者に依頼しないようその手口や情報を提供していきたいと思っています。悪徳業者は、あるとき突然やってきますが、その手口や知識を学習して彼らに対処しましょう。 どれが、どの業者が悪徳業者なのかを見極める目安としていただけたら幸いです。 情報は随時更新していきます。 実名は、記載できませんが、ここに載せた話は、すべて本当にあった話です。 

 1:東京都 Aさん
   雨漏りがするということで、B瓦店が対応、調査に,その日は、雨だったので応急処置だけして明日以降に、対処することになった。
(下葺き材もかなり老朽化が予想されたので交換の必要があった)しかしお客さんは、心配したのでしょう早急に対処を望んでいたのでタウンページで他の業者Cを探し、屋根材を全て交換の必要ありとして田島ルーフ製の”シングル”(スレート材)という屋根材を施工していったそうです。
お客さんは一安心しかし、B瓦店が聞いたところ、一番下の野地板が5.5mm、そかも、その野地板は、老朽化によって下のほうに膨らむほど歪んでいたので、それを交換しないと、一番上の屋根材料を葺き替えてもまた雨漏りの可能性が大きいかったのですが、「それも交換していきましたか? 」と聞いたところ、屋根材を全部葺き替えただけとのこと。
(現在は、9mm厚の合板か、無垢の板を使用する。5.5mmでは、薄すぎる)
野地板はおろか、雨漏りを防ぐ要の防水シートの交換も対処していなかっ
た。 屋根材の交換費用、200万円!!
築30年、昔の建売木造住宅、屋根面積約130u。
施主の弱み・心配に付込んだ法外な工事である。
 教訓:
   ・あわてて見知らぬ1社だけのいうことを信じてはいけない。
・自宅の屋根の状態をもう少し知るべきだった。 (何故雨漏りが起こったのか)
・屋根工事の相場を調るべきでした。
・難しいかもしれませんが、C社のやり方を誰か別の専門家に相談するべきだった


 2:千葉県 Nさん
   お年を召していたので、屋根のことは、何もご存知ない方。 ですので、屋根業者のいいなりになるしかなかったのでしょう。 この業者を信用してしまった。 「屋根の一番上の棟の漆喰が、経年で剥がれている早急に対処しないとひどい雨漏りが起こる」と言われ修理。 修理代金¥35万だったそうである。 あとで、近所のひとから瓦店Hが聞いた話では、瓦店Hでは、漆喰の相場は1mあたり2000円、棟の長さは、2階をいれても20mから25mぐらい5万円から多くて7、8万円どまり、5倍も高く取られていた。 訪問業者の実態です。
 教訓:
   ・お年寄りの方は、情報を集めるということは難しいかもしれません。
 ・でもそれに付込む訪問業者が後を絶ちません。
 ・くれぐれも、訪問業者には、気をつけるようにしてください。
 ・訪問業者に対抗するには、情報集めです。 


 3:神奈川Kさん
  セメント瓦が、30年近く使っているそろそろメンテの時期と考えていたところ運悪く訪問業者が、来てしまった。 「普通は、この広さだと350万円ぐらいですが半値の150万円で頑張ります。 軽い最新のスレートで葺き替えますよ。と・・・」Kさん
350万円が150万円に!!50%の値引き!! 「すごい」と思ったのでしょう。
業者の次の言葉に負けてしまいます。 「条件として、今日の今契約してもらったら、この値段です」実際に、Kさんは、この業者に発注してしまいます。
この規模の工事は、100万円以下でできたそうです。 20、30万円は、この営業の歩合でしょうか??
 教訓:
   ・訪問業者は、言うに及ばず。
 ・値引き額や、値引き率に惑わされてはいけません。
  (初めの値段はなんだったのでしょうか?)
 ・しかし、もっと屋根工事の相場を知ってください。
 ・少なくとも、誰かに相談して欲しかった。
 ・できれば、他の業者に声を掛けるべきでした。


 4:私ごとですが・・・
  今年の春、隣で屋根工事をやっていた職人さん、うちの屋根を見たらしく「お宅の2階の棟瓦ずれていますよ。 2階だから自分でみるのは危ないですよ。 それと漆喰が大分痛んでいるので、今やらせてもらえば3000円でやります・・・と」
私、「全部で3000円は安いな!」でも、一度リフォームしてもらった屋根屋さんに聞いてみようと、その場は断って屋根屋に電話をかけたところ、3000円は、メーターあたり3000円の意味で、10mぐらいあるので、3万円は、取られますよ。 もしやるのだったらもう少し安いです。 メーター2000円やね。
それに知らない業者に上がらせたら、あちこちないことあること言われて追加工事をさせられます。そんな手口もあるのかとビックリでした。
 教訓:
   ・たとえ隣に来ている業者でも、安易に信用してはいけない。
 ・値段のことは、思い込みせず正確に確認すること。
 ・小さな工事でも、見積りを簡単でもいいので、書いてもらうこと。 
  騙されない秘訣です。


   あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記をクリックしてください
 連絡先へジャンプ

Nobilis Worksが運営している、姉妹HP:    
東京屋根リフォームお助け隊 大阪屋根工事お助け隊 愛知屋根工事お助け隊
静岡屋根工事お助け隊: 神奈川屋根工事お助け隊 茨城屋根工事お助け隊
屋根工事お助け隊:

 

屋根リフォームお助け隊は、これから屋根の葺き替え、工事、修理をお考えの方に
リフォームの相場・概算・見積・費用をお知らせします。
屋根リフォームは、屋根リフォームお助け隊まで!

Nobilis Works 「屋根リフォームお助け隊」/copy right all reserved